AGA治療薬に適したジェネリック医薬品"フィンペシア"について

小見出し1

フィンペシア(finpecia)とは、AGAと言われている男性型脱毛症に効果的なお薬で、主な効果としては抜け毛や脱毛を抑止する効果が期待できます。
大手製薬会社の「シプラ社」が解発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

主な特徴としては、有効成分にフィナステリド1mgを含んおり、AGA治療薬としても有名なプロペシアのジェネリック医薬品です。
プロペシアと同じ効果が発揮されて安価で購入できるため、最近ではAGAに悩めるたくさんの男性が個人輸入などで購入されています。

AGA治療や抜け毛に悩んだらフィンペシアで治療していきましょう!

正規品"プロペシア"はどんなもの?

プロペシア(propecia)とは、男性型脱毛症に最適なお薬で、有効成分にフィナステリドを含むのが特徴です。

このプロペシアは、米国のメルク社という製薬会社が開発した治療薬で、世界的にも60か国前後で承認されている知名度の高いお薬なのです。医師も処方することで人気も高まり、1日1回の服用で数か月様子を見ることによって徐々に効果が発揮されていきます。プロペシアという名称ですが、有効成分のフィナステリドと呼んでいる方も多いです。

もともと、フィナステリドという成分は前立腺肥大に対してのお薬でしたが、開発途中でAGA対しての効果も発揮するということが判明し、後にAGA治療薬として広まっていったのです。

参考までに、プロペシアに近しいお薬で「プロスカー」もあります。プロペシア同様の成分で前立腺肥大効果やAGA治療薬として有名です。また、これらのAGA治療薬はアメリカのテキサス州などに自生するノコギリヤシと呼ばれる植物の成分を使用し、研究してできた科学合成品です。

成分のフィナステリドに関しては、少し前まで世界的なドーピング機関のリストに入っていたのですが、最近ではドーピングの検査技術向上もあり、フィナステリドを使用していても筋肉増強剤などの検出が可能なため、禁止薬剤リストからは外れるようになりました。

期待される"フィナステリド"はどんな成分か

小見出し2

フィナステリド(finasteride)は、上記でも説明した通りですが、前立腺肥大症やAGA治療に役立つといわれている有効成分です。

なぜ、このフィナステリドが有効的かというと、男性ホルモンの一種のホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)とに変換するのを阻害してくれることにより効果が発揮されます。少し難しい話ですが、前立腺肥大症を進行させるホルモンを抑止してくれるということです。

また、このフィナステリドはもともと前立腺肥大症としてプロスカーという商品名で認可されていましたが、その後の開発で成分を1mgでも含んでいると男性型の脱毛症に対して、毛髪の成長が発見され、後に男性型脱毛症の治療薬として認可されたという経緯なのです。

今では、AGA治療に欠かせない有効成分となっているフィナステリドですが、もう1つAGAに有効的な成分「ミノキシジル」もあります。

ミノキシジルに関しては、脱毛抑止ではなく、発毛に対して効果を発揮する成分ですので、フィナステリドと合わせて使用することでより効果が期待できるでしょう!

このページの先頭へ