フィンペシアの効果と正しい使い方

小見出し1

そもそもフィンペシアは日本では未承認とされる医薬品なのを知っていますか?日本では臨床結果などもでていませんが、フィンペシアの正規品のプロペシアに関しては、臨床試験が行われており、AGA(男性型脱毛症)にも効果があるとされています。

結果的に、同成分を含んでいるフィンペシアも同様に効果が発揮されると認識しても良いでしょう!ほかのジェネリック医薬品も日本では未承認の商品が多いですがすでにたくさんの人が使用しているのも事実ですから。

では、ここで検証結果をグラフにしてまとめてみます♪
「検証結果」「AGA治療ガイドライン」この2つを紹介しますので、ぜひご参照ください♪

【治療薬検証結果】

- 薄毛が継続 現状のまま 増毛した
1年間使用 2% 2% 2%
2年間使用 40% 30% 20%
3年間使用 58% 68% 78%

【AGA(男性型脱毛症)治療の参考ガイドライン】

段階 ガイドライン結果 処方内容
【A】 実施を強く勧められる フィナステリド内服・ミノキシジル外用:男性5%
【B】 普通に勧められる 自毛植毛術
【C1】 十分な根拠はないが、考慮してもよい サイトプリン、塩化カルプロニウム外用、医薬部外品、ケトコナゾール
【C2】 根拠がないため、勧められない セファランチン ※飲み薬※
【D】 実施しないよう勧められる 人口毛植毛

いかがでしょうか?臨床結果やガイドラインをみてAGAの治療に関して勉強できた方も多いと思います。これらのグラフを見る限り、一度は医師に相談して自分の頭皮の状態をチェックし、1~3年を目安に投与していくのがよさそうですね♪

また、AGA治療にはフィンペシアに含まれるフィナステリドも有効的ですが、もう1つ「ミノキシジル」という成分も有効的なので、こちらも理解しておくとよいでしょう。

このページの先頭へ