AGA(男性型脱毛症)を理解する。(原因や進行パターン)

AGA参考


AGA(エージーエー)とは、もとは英語表記で「Androgenetic Alopecia」と書き、略された名称がAGAです。

AGAは男性型脱毛症という意味で、その名の通り男性に発症する脱毛症の1つです。成人した男性に発症し、髪の毛が薄くなってきたり、生え際や頭頂部などから徐々に薄くなってしまう状態のことを言います。

AGA(男性型脱毛症)の原因としては、遺伝などの関係もありますが、男性ホルモンのバランスが崩れることによって頭皮に影響し、結果抜け毛や薄毛が進行してしまうという流れです。

このAGAは全国的にも1,200万人近くの男性が発症していると言われている進行性の高い脱毛症です。放置すれば改善するという事はなく、基本的には早々にケアが必要な症状なのです。

AGAの原因を詳しく説明すると、まず、男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型は脱毛にも関連していて、母方や祖父などからも遺伝すると言われています。また、父方の脱毛が息子の脱毛に関連するとも言われております。

男性ホルモン受容体はDHT(ジヒドロテストステロン)やそのほかの男性ホルモンに反応していきます。このDHTを抑止しなければ脱毛を抑止できないと言われていますので、AGA治療薬を服用してDHTを抑え、発毛効果を促していくのです。

AGAの原因を簡単にまとめてみると、「遺伝」「ホルモン」この2つが大きく関係しているという事なので、しっかりとした対策が必要です。

抜け毛の流れ

※上記の画像2枚は、脱毛や抜け毛の進行状況を参考にした画像です。

頭頂部からの抜け毛や、おでこからの抜け毛、両サイドからの抜け毛など、人それぞれ進行する過程は違いますが、しっかりとしたAGA治療が必要になるでしょう。

また、遺伝子やホルモンのせいにしていても解決できるものではないので、「フィナステリド」「ミノキシジル」などの効果的な成分を含んでいるお薬を使用するのが良いでしょう!!!

このページの先頭へ